お知らせ

2018年11月01日  フレックスタイム制の拡充

働き方改革の一環として、平成31年4月1日より、フレックスタイム制が変わります。 これまで、労働時間の清算期間は1ヶ月以内でしたが、改正後は3ヶ月以内に変わります。

    フレックスタイム制の拡充

例えば、「6月、7月、8月の3ヶ月」の中で労働時間の調整が可能となるため、子育て中の親が8月の労働時間を短くすることで、夏休み中の子どもと過ごす時間を確保することができるようになります。

なお、フレックスタイム制は、就業規則その他これに準ずるものにより始業終業の時刻を労働者の決定に委ねる旨を定めた上で、労使協定を締結する必要があります。 この労使協定は、清算期間が1ヶ月を超える場合には、行政官庁に届け出なければなりません(清算期間が1ヶ月以内の場合には、労使協定の届出は不要)。

PAGETOP