お知らせ

2018年10月10日  健康保険被扶養者認定事務の変更

健康保険証 平成30年10月1日以降に日本年金機構で受け付ける「健康保険被扶養者(異動)届」について、添付書類の取扱いが変更になりました。 近年、外国人による国民健康保険の不正利用(高額療養費や出産育児一時金等)が問題となっておりますが、恐らくこれが原因で健康保険の被扶養者認定の事務手続きが厳格化されたものと思われます。

ケースバイケースですが、戸籍謄本、住民票、所得証明書等の添付が必要となります。

健康保険被扶養者認定事務の変更に伴うお願い

「日本国内に住所を有する被扶養者の認定事務」にかかるQ&A

詳細は日本年金機構のホームページに記載されております。 参考にして下さい。

日本年金機構  健康保険被扶養者の手続きについて

PAGETOP